ロレックスのオーバーホールは何回くらいするものですか?

ロレックスのオーバーホールの推奨間隔は、5年間とされています。ただし、使用頻度や環境によっては、それよりも早めにオーバーホールが必要になる場合があります。

使用頻度

毎日使用している場合、5年よりも早くオーバーホールが必要になる可能性があります。これは、毎日使用していると、ムーブメントが摩耗したり、汚れが付着したりしやすいためです。

環境

水や衝撃が多い環境で使用している場合、5年よりも早くオーバーホールが必要になる可能性があります。これは、水や衝撃によって、ムーブメントやケースが損傷する可能性があるためです。

具体的には、以下の点に注意して、オーバーホールの時期を判断しましょう。

  • ムーブメントの精度が低下してきた場合
  • 時計が止まるようになった場合
  • ケースやブレスレットに傷や汚れが目立つようになった場合

また、ロレックスのオーバーホールは、正規店で行うのが一般的です。正規店では、ロレックスの専門の技術者が、最新の設備を使ってオーバーホールを行います。

**正規店でのオーバーホールの費用は、モデルや修理内容によって異なりますが、**約10万円から20万円程度です。

**民間の時計修理業者でオーバーホールを行うことも可能です。民間の時計修理業者では、費用が正規店よりも安くなる場合があります。**ただし、民間の時計修理業者でオーバーホールを行う場合は、正規店と同じ品質の修理が行われるかどうか、事前に確認しておきましょう。

ロレックスのオーバーホールは、ロレックスの寿命を延ばし、価値を維持するためにも重要です。定期的にオーバーホールを行い、ロレックスを長く愛用しましょう。

Only registered users can comment.

  1. レトロ腕時計は、懐かしい雰囲気とモダンな要素が融合したデザインで、ファッショナブルなアイテムとして注目されています。

  2. ロレックスの文字盤の種類は、様々なデザインやカラーバリエーションがあります。シンプルなものから複雑なデザインまで、自分の好みに合ったモデルを選ぶことができます。

  3. IWCのフリーガークォーツはシンプルで実用的。上品なデザインが魅力的です。

  4. イタリアの高級時計ブランド「ブルガリ」の腕時計。ゴールドのケースやベルトが豪華なデザインが人気。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です